読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分に正直に、毎日たのしく♪

元漫画家志望元アパレル店員でウェブデザイナーのブログ

行動の積み重ねが縁になる!画材ショーがパステル画と透明水彩イラストの後押しに

外に出れば出会いがある…話の続きです。


私の漫画好き、本屋好き、カフェ好き、ファッションやハーブティーや最近の団子好きも、外に出たから気づけた「好き」でした。

そう、外には刺激と出会いがたくさんあります。


この間は池袋の画材ショーへ行って、透明水彩に出会いました。

アンケートに答えたり、画材を使っている人を見たり、話を聞いてみたり、パンフを見たりして…

やりたい!!!という気持ちがすごく高まりました。

そして透明水彩の本を買いに本屋へ行ったのですが、そこでパステル画への興味にも気がつきます。


パステル画や水彩イラストには、イラストサイトや展示会を見たりで、以前からなんとなく惹かれるものがありました。ただ、自分と深く向き合えていなかった私にとって、惹かれはするけど手を出せない存在。

これらへの興味は、自分の生き方と向き合う過程で強まっていたのですが、今回の画材ショーが一歩を踏み出す大きな後押しになりました。


色んな画材・絵の世界を見たり触れたりしたので、新しい世界への抵抗感?不安感?もなくなりました。むしろ、がぜん興味が湧いて、すごくやりたくなりました!

今では関連の本や画材をたくさん買って、どんな絵を描こうかと毎日ワクワクしています♪


外に出るって、それだけすごいのです!

今回はタイミング的にも縁だったのだと思います。外に出たからこそ、やるぞ!という一歩を踏み出せた。

もっと言えば、「展示会やイラストサイトを見て何となく惹かれていた」という行動でさえ、今回のパステル画や水彩イラストをやるきっかけになっています。


ただ、行動することの大切さは何となくわかってはいても、「何をしたら良いのか?」「何をしたいのか?」って難しいですよね。

私もたくさんたくさん悩みました。何の行動をすれば良いのかわからないから、引きこもるし、家で寝てばかりいるし。悶々とした日々をずっと送っていました。


行動に大切なのは、まずは家から一歩出てみることだと思います。

目的地がないなら、近くのカフェでも本屋でも服屋さんでもジムでも良いです。

外に出るだけで、何となく気持ちが少しだけ晴れるのを感じられると思います。


私がオススメしたいのは、興味がある分野のイベントに行ってみることです。

イラストが好きなら展示会、音楽が好きならライブとか、楽器の体験入学、学園祭などでも良いかもしれません。漫画が好きなら本屋、アニメのイベントも良いと思います。

こういうイベントって、1つ行けばたいてい他の似たイベントが宣伝されています。そこからまた別のイベントに行くきっかけが生まれます。私もそうして色んな展示会に行きました。


あとは、近所のデパートのイベントに行ってみるのも良いと思います。特に興味のないイベントかもしれませんが、「あんまり心踊らないイベントだったな〜」っていう気持ちだって、大きな発見ですよね。


惹かれるものがあるか?ないか?

それを探すために外に出てみるのはとても意味のあることです。そこで「これだ!」ていうものに出会えたら素晴らしいじゃないですか!!!✨


私も引きこもり体質なので、小さな行動の意味に気づくのに長い年月がかかりましたが、今では外で新しい自分に出会えるのがとても楽しみです。