自分に正直に、毎日たのしく♪

元漫画家志望元アパレル店員でウェブデザイナーのブログ

アニメ進撃の巨人2期と世の中の真理

進撃の巨人を観ていると、規模の大小は違えど、世の中の「真理は同じ」なんじゃないかと思うことがある。


人の自由を奪うのも、争うのも、人間。

自由を取り戻すには、現状を変えるには、リスクを考えても、動くしかないということ。

守ってばかりではなく、攻めるということ。


これらが今パッと出てきたけど、いつも色々思うことはある。


2期のオープニングテーマ、 Linked Horizonの「心臓を捧げよ」を何度も観て聴いているけど、今回は人類vs巨人の構図がすごく見えてくる。

でも、人類が劣勢の雰囲気はなく、強い覚悟と意志を感じられて、ものすごい脅威を相手にしていても、頼もしさを感じる。まさに「心臓を捧げよ」とすごくリンクしている。


アニメ2期について、声優の梶裕貴さんのインタビューがあったけれど、1期とはまた少し違った「青い炎のような」感じとおっしゃっていて、それがものすごくしっくりきて鮮明に覚えているワード。


赤い炎の熱い感じももちろんあるけど、お互いを探り合うような沸々とした炎。

その「青い炎」っていう表現がすごく良くて、それが今回のオープニングでも感じられるから、作品自体もまた違う見方をしている自分がいたりして。人類側と巨人側の「想い」の交錯や探り合い、謎…そういう水面下の状況も見えて来て、本当にクオリティが高い作品…!!


アニメ進撃の巨人2期、待ちに待った2期、これからも本当に楽しみ…!!